• NEWS メディア登場情報
  • PROFILE プロフィール
  • BLACKMASS 黒ミサ
  • DISCOGRAPHY 経典紹介
  • PHOTO 写真の館
  • GOODS 悪魔物品の館
  • LINK リンク
PROFILE 聖飢魔IIとは
デーモン閣下 | ライデン湯澤殿下 | ゼノン石川和尚 | ルーク篁III世参謀 | ジェイル大橋代官 | エース清水長官

【聖飢魔IIとは】  English Profile

聖飢魔II。悪魔の集団。
悪魔教の布教のためにハードロック(HR)バンドの様式を用いて魔暦前14(‘85)年9月地球デビュー。
「実活動時代」には25銘柄の小教典(シングル)、17銘柄の大教典(アルバム)、14銘柄の活動絵巻教典(ビデオ)を発布。
黒ミサ(コンサートのような形式で行われる集会)では、そのエンターテインメント性を規格外に発揮、老若男女や民族を問わず、信者(ファンのようなもの)を解散後の現在も増やし続けている。
また、TVやラジオ、活字、web媒体等、あらゆるマス・メディアでレギュラー枠を獲得。音楽のみならずバラエティーやサブカルチャーでも幅広く世の中を席巻する。
魔暦前13(‘86)年発表のファミコンソフト「悪魔の逆襲」 はロックバンドがキャラクターとなった世界初の作品。
魔暦前11(‘88)年から魔暦前4(‘95)年まで計7回、北海道「美唄フェスタ」にて日本舞踊と純邦楽器との共演舞台をほぼ毎年行う。
魔暦前10(‘89)年、大教典「WORST」がオリコン1位、「NHK紅白歌合戦」に出場。どちらもHM/HRバンドでは史上初。
魔暦前8(‘91)年、セビリヤ、ロンドン、N.Y.にて黒ミサを行う。
魔暦前6(‘93)年、香港にて黒ミサ。「ロックオペラ・ハムレット」に出演。
魔暦元(‘99)年12月31日、デビュー時の公約通り地球における任務を終了し、解散した。

 

魔暦7(‘05)年、地球デビュー20周年を記念し期間限定で再集結し、15回の黒ミサを敢行。

 

魔暦12(‘10)年に二度目の期間限定再集結。「INTER CONTINENTAL BLACK MASS TOUR」として米国、フランス、韓国、日本で計22本の黒ミサを行う。



【番外活動】

内容の詳細は、各構成員のプロフィールページに掲載しています。
聖飢魔II分については表の下に掲載しています。

閣下
B.D.12 (1987) 『我は求め訴えたり』
アニメ『ウォナビーズ』
B.D.11(1988) カセットBook『10回クイズ ちがうね』
『試験に出るぬらりひょん』
小泉今日子『ナツメロ』
グラスバレー『TV SHOP BOY』
大江千里『1234』
B.D.10(1989) 山瀬まみ『親指姫』
HIROSHIMA'89 PEACE BIRDS ALL-STARS『正義の味方』
映画『ゴジラ対ビオランテ』
B.D.9(1990) 映画『BATMAN』
アニメ『真・超神魔伝 うろつき童子・魔胎伝』
『超闘王のテーマ』
PEACE BIRDS ALL-STARS HIROSHIMA1987〜1997『正義の味方』
B.D.8(1991) 嘉門達夫『宴』
交通安全キャンペーン・ビデオ『悪夢へようこそ』
はにわオールスターズ『イン・コンサート』
ライブ・ビデオ/はにわオールスターズ『IN CONCERT』
アニメ『真・超神魔伝 うろつき童子・魔胎伝』
山村貴子『平成セクハラ数え歌』
B.D.7(1992) 上岡龍太郎&有賀さつき『愛がきらめく時』
ボニージャックス『ほんとだよ』
尾崎亜美『POINT-3』
CD絵本『兵士の物語』
B.D.6(1993) 『心のプロレス−輝ける美麗の格闘戦士達へ捧ぐ−』
misato『BIG WAVE』
『悪魔の人間学』
パイオニアレーザーアクティブ・ソフト『悪魔の審判』
B.D.5(1994) 『デーモン・オーケンのハッスル巌流島』
渡辺美里『BABY FAITH』
B.D.4(1995) 神谷明『太陽の涙』
杉浦フィルハーモニー・オーケストラ『(ト音記号)』
『オフ・オフ・マザーグース』
B.D.3(1996) 『Who Do They Think We Are?〜A Tribute To Deep Purple From Japan〜』
平松愛里『Reborn』
ダミアン浜田『照魔鏡』
山村貴子『好きだからジェラシー』
B.D.2(1997) 舞台/劇団☆新感線『星の忍者』
SFCソフト『G・O・D〜目覚めよと呼ぶ声がする〜』
SSソフト『桃太郎道中記』
B.D.1(1998) ゆうこくギャル『ダメ!!×××』
PSソフト『G・O・D Pure』
PSソフト『SANKYO FEVER 実践シュミレーションVOL.3』
D.C.1(1999) Tokyo Funk City『街は大騒ぎ!!-Welcome to MITARACity-』
古田新太『大阪好きやねん』
『SUPERROCK SUMMIT RAINBOW EYES』

▲TOP


長官
B.D.11 (1988) 清水玲子イメージアルバム『ミルキーウェイ』
ちゃき・ちゃき・はうす『サウンド・カーニバル』
B.D.8 (1991) 『Wings of Heart』
『サイレントメビウス・ドラマアルバムII WARNING』
大西結花『ONE WAY CALL』
大西結花『HEARTLESS DANCE』
B.D.7 (1992) イメージアルバム『うしおととら』
B.D.6 (1993) ライブ・ビデオ/クライズラー&カンパニー『LIVE FANTADIUM』
B.D.5 (1994) 八木田麻衣『キスと流星』
八木田麻衣『逢いたい人の名を』
東京パフォーマンスドール『NEVER STOP』
B.D.4 (1995) ROCK GUITAR FOR BEGINNERS
B.D.3 (1996) POWER UP THE ROCK GUITAR
ダミアン浜田『照魔鏡』
佐竹雅昭『覇王咆哮』
D.C.1 (1999) 『ギタリストのための音楽理論研究〜鉄人への道』

▲TOP


参謀
B.D.5 (1994) 映画『RAMPO』
B.D.4 (1995) So What?『So What?』
Be-B『Be-BII』
KINGS『MISTY EYES』
KINGS『KINGS』
B.D.3 (1996) 『Who Do They Think We Are?〜A Tribute To Deep Purple From Japan〜』
So What?『FRAGILE』
『Candy Rider』
B.D.2(1997) オリジナル・アニメ・サウンドトラック『B'T X NEO』
So What?『努−ツトム−』
B.D.1(1998) 『ドラマー・パーフェクトガイド ジョン・ボーナム』
『祭囃子ゲーム・トリビュート』
D.C.1(1999) カーマイン・アピス『ギター・ゼウス・ジャパン』

▲TOP


殿下
B.D. 9(1990) D-PROJECT『TEMPEST』
B.D.4(1995) Be-B『Be-BII』
B.D.3(1996) 徹底攻略公式ガイドCD『爆炎CAMPUSガードレス』
Ladies Room『RHYTHM CRUSH 2』
ダミアン浜田『照魔鏡』
オリジナル・サウンド・コレクション『フォーチュン・クエスト外伝〜パステルの旅立ち〜』
『Candy Rider』
佐竹雅昭『覇王咆哮』
B.D.2(1997) オリジナル・アニメ・サウンドトラック『B'T X NEO』
B.D.1(1998) 『ドラマー・パーフェクトガイド ジョン・ボーナム』
『祭囃子ゲーム・トリビュート』

▲TOP


和尚
B.D.10(1989) ムッシュかまやつ『ザ・スパイダース・カバーズ』
B.D.9(1990) 五島良子『LOVE & LAW』
B.D.4(1995) Be-B『Be-BII』
B.D.3(1996) ダミアン浜田『照魔鏡』
B.D.2(1997) オリジナル・アニメ・サウンドトラック『B'T X NEO』
So What?『努−ツトム−』
B.D.1(1998) 『ドラマー・パーフェクトガイド ジョン・ボーナム』
『祭囃子ゲーム・トリビュート』

▲TOP


聖飢魔II
B.D.13 (1986) ファミコンソフト『悪魔の逆襲』
B.D.9 (1990) 映画『陽炎』
B.D.3 (1996) 映画『陽炎2』
B.D.2 (1997) 山田まりや『Chou a la creme』
山田まりや『ダイジョーブ』

▲TOP


タイトル 発売元等
B.D.13
(1986)
ファミコンソフト『聖飢魔II・悪魔の逆襲』 G 任天堂
『聖飢魔II・悪魔の逆襲』完全攻略テクニックブック
(ゲーム攻略本)
B 徳間コミュニケーションズ
B.D.9
(1990)
映画『陽炎』
(エンディング・テーマ曲『赤い玉の伝説』)
V バンダイホームビデオ
B.D.3
(1996)
映画『陽炎2』
(エンディング・テーマ曲『赤い玉の伝説』)
V バンダイホームビデオ
B.D.2
(1997)
山田まりや『ダイジョーブ』
(プロデュース・作詞・作曲)
S マーキュリー
山田まりや『Chou a la creme』
(プロデュース・作詞・作曲)
A マーキュリー
★ B:書籍、S:シングル、A:アルバム、V:ビデオ、G:ゲーム

▲TOP